2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピンクレディー / UFO

作詞:阿久悠/作曲・編曲:都倉俊一
UFO」(ユーフォー)は、1977年12月にリリースされた日本のアイドルグループ・ピンク・レディーの6枚目のシングルである。ピンク・レディーの代表曲のひとつでもあり、最大のヒット作品となった。売上枚数は約155万枚 (オリコン)、195万枚(ビクター)。

10週連続オリコンチャート1位の座を獲得し、『ザ・ベストテン』では第1回~第3回放送で第1位になった。

オリコンでは「渚のシンドバッド」「ウォンテッド (指名手配)」に続き三度目のミリオンセラーとなった。

ピンク・レディーは、この曲で第20回日本レコード大賞を受賞した。また1978年のFNS歌謡祭最優秀ヒット賞も受賞した。

レコードの歌唱ではイントロ部分のみに「UFO…」の台詞がついていたが、その後実演の際には間奏とアウトロの部分でも「UFO…」という台詞が付け加えられていた。

ステージ衣装は、当初ハイヒールを履いていたが、しばらくしてブーツに替えた。NHK『レッツゴーヤング』や東京12チャンネル(現・テレビ東京)『ヤンヤン歌うスタジオ』で歌った時のシーンには、初期の衣装版が映る事がある。

世間一般ではそれまで未確認飛行物体のことを通例「ユーフォー」とは呼ばずに「ユー・エフ・オー」と呼ぶことが多かったが、この曲がヒットしてから「ユーフォー」という呼び名が定着したという説がある。

日清焼そばU.F.O.のCMソングと思われがちであるが、実はUFOのCMソングは、歌詞はもちろん、メロディーも原曲の雰囲気に似せて作られた別のものであった。 そのCMソングのほうはアルバム『星から来た二人』等に収録されている「コマーシャルソングメドレー」にて聴くことができる。

再結成後2003年~2005年のメモリアル・コンサートでは、当時より足を高く上げるなど振り付けが進化していた。しかしケイ曰く、当時の振り付けをすると、尻筋がつりそうになるので変えたのこと。

UFO

Pink Lady UFO
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://goldenage1970.blog.fc2.com/tb.php/5-031c2913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。