2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャンディーズ / 年下の男の子     1975年2月21日発売

作詞:千家和也/作曲・編曲:穂口雄右
キャンディーズ / 年下の男の子


年下の男の子」(とししたのおとこのこ)は、1975年2月にリリースされたキャンディーズの5枚目のシングルである。オリコンでは初めてのBEST10入りとなった。

デビュー以来、ハンドマイクで歌唱していたキャンディーズが、テレビ出演等ではスタンドマイクで歌唱した。

この曲でキャンディーズは、1975年末の『第26回NHK紅白歌合戦』に正式な紅組歌手として初出場を果たした。

キャンディーズ / 年下の男の子


キャンディーズはデビュー以来ヒット曲には恵まれていなかった。この曲はオリコンで初めてのBEST10にランクされ、1975年の年間第42位にランクされるなど、キャンディーズをトップアイドルとして躍進させた。また、キャンディーズは「年下の男の子」(1975年)、「春一番」(1976年)、「やさしい悪魔」(1977年)、「微笑がえし」(1978年)と春の時期には強かった。

当初は「私だけの悲しみ」がA面用、「年下の男の子」がB面用として製作されたが、発売時には「年下の男の子」がA面、「私だけの悲しみ」がB面となった。

キャンディーズ1

「年下の男の子」「私だけの悲しみ」ともに4月リリースのアルバム『年下の男の子』に収録された。

「年下の男の子」のリリースバージョンのドラムスは田中清司、ベースは武部秀明、ギターは水谷公生である。

「年下の男の子」にはドラムスに村上秀一、ベースに岡沢幸を起用した没バージョンが存在する。

デビュー曲の「あなたに夢中」から前曲「なみだの季節」まで、リードボーカルは歌唱力の高いスーがセンターだったが、この「年下の男の子」からランがリードボーカルを務め、歌唱する位置もセンターに変更する。なおスーランの向かって右位置に、ミキランの左位置にそれぞれ移り、以降キャンディーズの三人はこの位置でほぼ定着となった(但し「わな」はミキがセンター、ランは向かって右に、スーは左に移動)。

コーラス色が強かったこれまでのシングル曲とは趣きが異なり、主旋律はソロが主体で部分的にユニゾンがあり、曲の最後にのみ3声和音のハーモニーが入る。そのためキャンディーズとしてはコーラス色が弱い曲であるが、合いの手のスキャットは2声和音である。

2007年公開の、1977年が舞台の映画『Little DJ〜小さな恋の物語』では、物語の重要なキーとなる楽曲として使用され、シングル盤も小道具として登場。サントラ(アミューズソフトエンタテインメント)にも収められた。

後のオタ芸の定番「エルーオーブーイーラブリー○○。」という掛け声を最初に行ったのがこの曲である。

キャンディーズ / 年下の男の子

藤村美樹ミキ、1956年(昭和31年)1月15日 - )
伊藤蘭(ラン、1955年(昭和30年)1月13日 - )
田中好子スー、1956年(昭和31年)4月8日 - 2011年(平成23年)4月21日)


スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://goldenage1970.blog.fc2.com/tb.php/4-7bcf22bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。